ねずみ駆除はプロの手腕に頼ろう|隠れた害獣もサヨナラ

男性と女性

種類と特徴

一軒家

自宅の中に侵入して住み着くねずみは三種類います。この三種類のねずみはそれぞれ特徴があるため、ねずみ駆除の方法も違っているのです。ねずみ駆除業者でも、その家を調べてどの方法で駆除したらいいのか確認してから作業を行ないます。このようにそれぞれの特徴を知っておけば、個人でもねずみを駆除することができるはずです。三種類のねずみはクマネズミ、ドブネズミとハツカネズミといわれています。クマネズミはしっぽが長くて耳が大きいという特徴があって、サイズは15cmくらいです。とても身軽で電柱や壁を登るため、二階の窓から侵入することがあります。クマネズミは他の種類と比べて学習能力が高く、罠には引っかからないという特徴もあるのです。罠を仕掛けてねずみ駆除を行なう場合は、効果の高い方法でないと逃げられるかもしれません。次のドブネズミはサイズは大きく、湿気の多い所に住み着くため台所の流し台付近に巣を作るといわれています。また土に巣穴を作る習性があるので、自宅に庭がある人は庭も点検して巣を作っているか確認しましょう。クマネズミに比べると、学習能力は低く罠にかかりやすいので簡単に駆除できるはずです。最後はハツカネズミですが、この種類はペットとして飼う人もいると思われます。ですが、野生のハツカネズミも他の種類と同じように、人に被害を与えるので注意してください。三種類の中で一番小さくて、運動能力の低いので侵入しないように対策しておけば大丈夫です。侵入してきてもドブネズミと同じように簡単に駆除することができるでしょう。この三種類がよく家の中に侵入するといわれていますので、それぞれの特徴を把握して効率良くねずみ駆除をしましょう。