ねずみ駆除はプロの手腕に頼ろう|隠れた害獣もサヨナラ

男性と女性

どんな被害を受けるのか

ネズミ

ねずみ駆除をしないと様々な被害があるので、早めに対処するように心がけてください。ねずみは汚いので様々な病気などに感染するかもしれません。ねずみの排泄物などが原因でサルモネラ菌という食中毒になるというデータがありますし、ねずみがかじった食べものなどでも食中毒になってしまいます。そのような被害をなくすためにもねずみ駆除をして、食中毒を防ぎましょう。食中毒以外にはねずみはダニやノミなどを運んで、家の中で様々な虫が生息してしまう可能性もあります。そのような虫が大量発生してしまうと、ねずみ駆除業者だけでなく、害虫駆除も呼ばないといけなくなってしまいます。他にはねずみによる被害は、家の柱や天井裏を傷つけるなどのことがあります。ねずみは柱を引っ掻く習性を持っていて、屋根裏を点検してみたら傷ついてボロボロになっているということもありえます。それだけでなく、天井裏を動き回るので少しずつですが、天井が歪んでいき最悪の場合は天井が落ちてくることも十分にありえるでしょう。そうなると家を修理しないといけません。ねずみの発見が遅れてしまうと、どんどん数を増やしていき、被害が拡大してしまうかもしれません。ねずみのフンや悪臭がしてきたら、危険信号なのですぐに業者に連絡してねずみ駆除をしてもらいましょう。発見が遅くなってしまい、繁殖して増えている場合は費用がかなり高くなるかもしれません。そのようなことを防ぐためにも、定期的に家の様子をチェックして、ねずみが家の中に入らないように対策を行なってください。